静岡でインプラントはご相談ください

ザイゴマインプラント

インプラント無料相談
TOP

インプラントを諦めている方へ
ザイゴマ(頬骨)を利用した1DAYインプラント

極端に顎の骨が足りなくて、
インプラント治療を断られてしまった方に、
当院では、頬骨を利用した
ザイゴマインプラントをご提供しています。

ザイゴマインプラントとは

ザイゴマインプラントとは、ザイゴマ(頬骨)にインプラントを埋入する上顎の治療法です。
頬骨は、顎の骨のように吸収される(痩せる)ことはなく、
硬いため、インプラントをしっかり固定することが可能です。

ザイゴマインプラント
特徴

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラントは、顎骨を使用するので骨を増やす治療(骨造成)を回避でき、即時負荷(即時荷重)により、手術当日に仮歯を装着することが可能です。 負担のかかる治療をせずに、早くお口の機能を回復できる治療法として選ばれています。

ザイゴマインプラント

手術当日
入ります

抜歯から仮歯の装着まで

従来の術式では顎の骨が足りない場合、骨造成が必要となり、歯が入るまでに半年以上の期間を要していました。しかし、ザイゴマインプラントの登場によって、骨造成が不要となり、治療の負担・期間を軽減し、手術当日に歯を入れることが可能となっています。

  • 総入れ歯が合わない、噛めない
  • 骨が足りなくて治療を断られた
  • 骨移植など負担の大きな治療は避けたい

ザイゴマインプラント
オールオン4違い

歯がほとんどない方のインプラント治療には、
オールオン4とザイゴマインプラントがあります。
オールオン4は比較的骨が残っている箇所を選んでインプラントを埋入できるため、
骨造成を回避することが可能です。
しかし、オールオン4が行えないほど骨吸収が進んでいる場合には、
頬骨を使用したザイゴマインプラントが適用されます。

ザイゴマインプラント
オールオン4
埋入本数
通常4~6本
通常4~6本
骨量
骨が残っていない場合も適用
比較的残っている場合に適用
手術回数
1回
1回
歯が入る
までの日数
通常即日
通常即日
※ザイゴマインプラント・オールオン4ともにお口の状態によっては、手術当日に仮歯を装着できない場合があります。

ザイゴマインプラント
デメリット

ザイゴマインプラントは、メリットの多い治療法ですが、特殊なインプラント治療であるため、治療を行っている医院が少ないという点がデメリットと言えます。 当院は、骨量が足りずオールオン4による治療が困難な場合でも、ザイゴマインプラントによるインプラント治療をご提供しています。

ザイゴマインプラント
関するよくある質問

Q
ザイゴマインプラントの寿命はどのくらいですか?
A

ザイゴマインプラントも通常のインプラント治療と同様に、寿命はメインテナンス次第だと言えます。
治療後はメインテナンスを徹底し、細菌感染を防ぐことが大切です。当院では、治療後の良好な状態を半永久的に維持できるよう、専門衛生士によるマイクロスコープを使用したメインテナンスをご提供しています。

Q
事故で顎の骨を失った場合も治療を受けられますか?
A

事故や重度の歯周病等で4上顎の骨を大きく失っている場合に、ザイゴマインプラントが適しています。骨移植せずに頰骨にインプラントを埋入することで、身体的負担や副鼻腔炎等のリスクを低減して、機能回復を図れます。
がんなどの腫瘍を切除して骨がない場合、生まれつきの顎裂・口蓋裂などで顎の骨が欠損している場合なども、ザイゴマインプラントが採用されます。

Q
手術の痛みが心配です…
A

ザイゴマインプラントも、通常のインプラントと同様に、麻酔をしてから手術を行いますので、治療中の痛みはほとんどありません。当院では、静脈内鎮静法を併用した治療によって、リラックスした状態で治療を受けていただくことも可能です。

関連MENU